前下がり(つま先下がり)のショットは右へ行きやすいと言われているがそれほど右にいかないと言う話を前にしました。
しかし前上がり(つま先上がり)のショットは間違いなく左へ飛びます。
なので目標より右を向いてアドレスをとらなければいけません。
ロフトのあるクラブほど左にいきやすということを覚えておいて下さい。ショートアイアンの方が左に行きやすいのです。
ロフトが0度だったら左には飛び出さないんでしょうね。
アドレスですが、いつもより前傾が浅い感じになるかと思います。それが普通。
FullSizeRender
スイングプレーンがいつものスイングよりフラットになりやすいと思います。
横に振ってる感じです。
FullSizeRender
ボールにあったトップ。いつもより低い感じですね。

ここからキレイに振り抜きフィニッシュ。
絶対フック!
FullSizeRender
このグラフは7番アイアンですが絶対にフックするので狙いはグリーンの右端を狙いフックしてグリーンに乗ってくれるイメージですね。
どこでもいいから乗ればオッケー!
私の場合保険をかけて右に放り出すようなフォローで打っていくこともあります。

なるべく左に行かせたくない時はフォローを右に放り出し体の左サイドを逃がすようなフィニッシュをとります。
FullSizeRender
左足が引けています。
さらに。FullSizeRender
そして。
FullSizeRender
フィニッシュ(笑)

体重移動などしないで少し重心が右に残って体の左サイドを逃がす。
こんな感じのフィニッシュになっちゃうんですね。
初めて映像で見たがかっこいいもんじゃないな(^^;

インパクトからこの左サイドを逃がすように使うので距離が落ちます。
手が返らないせいか左には何故か行っていません。
私だけかな。
試して見て下さい。

グリーンを狙う時はギリギリのクラブでしっかり打つのではなく大きめのクラブで無理はしない方がいいですよ。
無理するとびっくりするくらい出球が左に出てさらにフックしていきますから。


終わり。