バックスイングで左腕が地面と水平になるくらいには、正面から見て右肩が見えなくなっているといいですね。
もし見えなくなっていたらちゃんと身体を使ってバックスイングができている証です。

これ私。
FullSizeRender
左腕が地面と水平てす。
右肩が見えていたら手上げなバックスイング。
いけね、少し右肩が見える。
まあ許容範囲かな。
全く見えなくなるくらいまで消したかったが。

マキロイ。
FullSizeRender
こんなバックスイングをしたいものだ。

イボミ。
FullSizeRender
最近活躍していないが、好きなスイングをするプロの1人。
プロゴルファーはこの時点でこんなに肩が回ってるんですよね。

お客さん。
FullSizeRender
右肩まる見えだ。
これは改善の余地がある。
こうなると体の回転とクラブが一体化しない。
体の回転より腕やクラブの運動量が多くなり過ぎるだらう。
よって体の開きの早いスイングになりやすくなる。


テイクバックで体の右半身をスッと引けるようになるとよい。
口で言うのは簡単だがそんなバックスイングを目指しましょう。
私自身も常に確認している部分です。


終わり。